万年筆について

万年筆の構造・名称

万年筆の選び方

海外製?国産!? ブランド

「万年筆を持つなら、やはり有名な外国製ブランドが良い」という方も多くいらっしゃいます。もちろん、その想いも万年筆を選ぶ上で大切なポイントになります。しかし実際に当店に足をお運びいただくと、国内外合わせたブランドの特徴や書き味の異なる種類の多様さに驚かれるはずです。

やはりこだわりたい デザイン・素材

万年筆の本体に使われている素材は、金属・樹脂等、ペンにより異なります。
お好みのデザイン、カラーに加え、ペンの重さ、軸の太さ、握り具合等、ぜひ手に取ってお選びください。

書き味を左右する ペン先

ペン先はペンの個体によって使われている金属が異なります。書く文字の太さは、ペンポイントの太さと、ペンにかかる筆圧によって変わってきます。

金属の種類例

金(14K・18 K・ 21 K)
金を使用しているので、やわらかく、なめらかな書き味が特徴。
ステンレス
腐食や劣化に強く、リーズナブル。
比較的硬めの書き味が特徴。
金メッキ

耐摩耗性の金属に金メッキを
施している。

ペン先の種類(太さ)例

極細
とても細い文字を書くことができます。 手帳など細かい文字を書く方にお勧めです。
細字
極細よりは太いですが、細めの文字を書くことが出来ます。手帳、ノート、手紙 など幅広い用途で活躍します。
中字
手紙や日記など幅広く利用でき、適度に太さで人気があります。
太字
手紙やはがきの宛名を書くのに向いています。メリハリある線が書けるのも特徴になります。
サインにも向いています。
極太
宛名などを書くのに向いています。サインペン以上にさらさらと書けるので筆圧の弱い人にもおすすめになります。太字同様にメリハリある線を書くことができます。
サインにも向いています。

使い勝手や用途次第 インクの補充方法

万年筆のインク補充方法には大きく分けて3種類あります。

カートリッジ式

カートリッジを差し替えていただく、最も手軽な補充(交換)方法です。あらかじめインクが入っているカートリッジを利用するので、補充時に手が汚れることも無く、場所も選びません。万年筆を常に持ち歩く方に向いています。カートリッジ式の万年筆は、コンバーター式と両用になっていることが多いです。

コンバーター式

コンバーターとは、ボトルインクから万年筆にインクを吸入するための吸入器になります。カートリッジ式と両用になっているタイプが多いので、カートリッジ式で万年筆に慣れてからご利用いただくことをお勧めします。カートリッジには無い色のボトルインクを使用できるため用途が広がります。

吸入式

吸入式万年筆は、ペンの内部にインクを吸入する機能が内臓されています。最も古いインクの補充方式なので、歴史ある有名なブランドの万年筆に多く採用されています。手間や手入れが必要ですが、そこも万年筆愛用者からは支持されるポイントとなっているようです。

PAGE TOP ▲